【普通二輪MT教習2段階-5】回避

本日はくろうさちゃんと3時間連続同時教習です。

残業まみれのレレサンゴ、実車17日ぶりで朝から不安でございます。

「怖いぃ~」とLINEでくろうさ氏にとりあえず不安な気持ちをぶつけてみました。笑

 
 
直線を3速で30キロで走行し、大きなコーンの間を通過する瞬間に正面に立つ教官があげた旗の方向にハンドル切って左右に回避する練習。

いつものバイク小屋の隣の小屋で説明を受けます。どこでやるのかな〜?と思っていたら4輪コースを一部封鎖し使うようです。

待機地点には借り出された4輪の教官がいて「はい、行ってください」と、スタートのタイミングを教えてくれます。
 
 

4本勝負!

計4回、1回目は右、2回目は左。

あとの2回は教官があげた旗の方向へ。

「難しさをわかってもらうためのものだから無理をしないように。30キロ以上はださないように」

2輪コースの外周を2周してその間に準備、4輪コースの外周を半周して南通りで待機、回避が終わればまた外周コースを左回りしてスタート地点に戻るを3回。4回目が終わると縦列ゾーンに待機。と、ざざざっと説明をうけ…。早口ねえ(ΦωΦ)

 
 

30キロは余裕で出るのですが、運転おぼつかない生徒がバイクで迫ってくる…

想像するだけで教官怖いやろな…

ゆるっと回避してこんなもんかーと思ってたら「二人とも反応遅い」といわれましたよ。笑

 
 

停止の練習

その後は停止の練習。くろうさちゃんと交互に1本橋を挟んで、30キロで急制動を何度か繰り返します。

いまいちフロントブレーキの感覚がわからず「弱い弱い」といわれ。

教官「もっとこうぐぐ~っと」

レ「ぐぐーっとってどんな感じっすか…(´・ω・`)」

教官「感覚的なもんだから説明し難いけど…」

何度か繰り返し、今度は40キロで練習。反復練習っていいなー。

この練習いっぱいしてみたい。

始めびくびくしてた実車の感覚も思い出せました。この調子のままスルッと卒業できたらいいのにな〜

なんて淡い期待を…。

この後続けてシミュレータと学科です~

 
 

この記事を書いた人!

レレサンゴ
レレサンゴ
バイクで山やら海やらいろいろ行きたいことろが出てきてしまいました。最近南の島の一人旅で原付でのんびり回るのにハマっていて、普段からもカメラ持ってトコトコツーリングできたら最高やん!って思っています。
そこまで強い思い入れもないのに普通二輪免許取得挑戦。どうなることやら…