私がバイクに乗りたい理由(1)

人生初バイクは HONDA Today50cc

私が「バイクに乗りたい」と初めて口にしたのは、19歳の頃だったと思います。

神戸市は、坂道が多く、自転車通学を頑張っていたものの、暑い日の坂道に心は折れ、単位も落とし…、バイトを始めてから金銭的な余裕も少しでき、「バイクに乗りたい」となりました。

この時は、スクーターでよくて。とにかく、あの坂が登れれば良かったんです。

親に相談すると、「危ない」と返ってきましたが、「坂道があああああ」と駄々をこねて、原付ならば…ということで、その当時の彼氏と一緒に、明石試験場に原付免許取得に行きました。

実は、住民票移動のことを知らなくて、この日は帰されるんですけどね笑。
(髪型のせいか、中学生は免許とれん!とかって怒られたりもしました)

それから住民票を移動して、無事に免許もとれて、バイト先のパートさんに紹介してもらって「HONDA Today50cc赤」に乗るようになりました。

スクーター乗りになってから、行動範囲も広がり、友達とたこフェリーに原付を積んで淡路島に行ったのはいい思い出です。

 

ハーレー・ダビッドソンに乗った先輩

harley-davidson-985589_1280

スクーターに慣れ始めた頃、ハーレー・ダビッドソンに乗ってる大学の先輩と出会いました。一度乗せてもらったんですが、車体、排気音、超カッコいい!!!

とにかくあれに乗ってみたい!

「中型バイクの免許とりたい!」と、母親に言ってみたところ、「原付だけでも危ないのに、やめてよ!!!」と、クドクドクドクド言われて、すっとその熱は去りました。(※いちいち親の許可を仰ぐのは、まだ未成年だったからです)

ハーレーの車体も高いし、確かに原付でも転けたし…(新車傷まみれ)学生には維持しづらいかなと。

でも、1年に1回くらいは路上のバイクを見て、バイク乗りたいなぁ~と口にしていたように思います。

 

父がハーレー乗りに

数年が過ぎ、母がこの世を去り、父はオフロードバイクに乗るように。

元々、大型四輪、大型二輪、船舶免許を持っている父なので、時間とお金さえあれば・・・だったのだと思います。

そして、自宅近所にハーレー・ダビッドソンのお店が出現。

「ハーレーできてるじゃん!」って言ったら、「1回からかいに行って試乗しようと思う」と父。

その次に父に会った時は、ハーレーが家に居ました。

やるだろうとは思ってましたけど笑。

motorcycles-825754_1280

ハーレーに乗り出してから、父からオークションや通販で安いハーレーのジャケットはないかとか連絡が来るようになります。そりゃ、ハーレーのジャケット着て走りたい!

←今の父ハーレーはこんな感じです

夏休みに帰省した時、父の後ろに乗ってツーリングに行きました。バリバリと響くマフラー音。風を切って進む大きな車体。

は~カッコいい。

「私も免許欲しい!」

父「馬鹿言うな危ない」

え・・・あんたがそれ言う?オフロードで山道を登り、ハーレーで兵庫県まで高速を300km走るのに?オフロード乗り出した時なんて、お母さん心配して泣いてたよ?

(続く)

この記事を書いた人!

くろうさ
くろうさ
ルパン三世が大好きで、峰不二子に憧れて…憧れは憧れだけど、大学の先輩が乗ってたハーレー・ダビッドソンに一目惚れ!
「中型バイクに乗りたい」というも、母親が半泣きで止めるので断念していたバイクライフ。
しかし、気づいたら父は大型のハーレイに乗り、妹弟もみんなバイク乗り。
あれ?あれ?私置いてきぼり!?