私がバイクに乗りたい理由(2)

運動音痴なくろうさ

父親はバイクに乗ってるのに、娘の私がバイク免許の取得を口にすると「危ない」という父…。というのも、私が極度の運動音痴だったからだと思います。そして、実家から離れ暮らしているということも。

昔からアウトドアな父に連れられて、海山遊びはしっかりしています。だから、海では泳げるけど、陸を走ることも、ボールを扱うことも、ハードルを飛ぶことも、本当苦手で体育はいつも「2」。

自動車免許はMTで取得したものの、ぎりぎりの卒業です笑。

最近思い返してみても、頭のなかでMT車の運転がシミュレートできませんでした。

だから母親だけでなく、父親までもが危ないというのは分かる。

家族みんながライダー

信じられます?一番初めにバイク免許がほしいと声を上げた私を差し置いて、家族全員ライダーなんです。

私をハーレーに乗せた後、「家族みんな乗せたし、あのハーレー乗りにくいから」と、ハーレーの乗り換えをした父。(何やら、買った時より高く売れたそうですよ)

ふかふかシートと大きなバックレストで、うたた寝もできるハーレーが家に。そしてなぜか…弟が中型免許、妹が中型免許、あれよあれよと増えていくバイク。

実家には今、5台のバイクが並んでいます。

(ハーレー・ダビッドソン、YAMAHA XJR、ドラッグスター、オフロード、Ninja、おまけにカブ50cc)

弟はまだしも、私にダメって言ったのに、妹が中型免許を取得してることには驚きました。家族でツーリングしてる姿を見てると、後ろに乗ってるだけじゃツマラナイ!運転したい!という欲が湧いてきます。

 

そして10月

とある飲み会で、バイクの話に。

そこでそそのかされて、免許取ればいいんだ!もう止める人は居ない!と。それから、乗りたいバイクを検索したり、教習所を調べたりして、ぼそぼそと口ずさんでいた二輪免許取得が現実味を帯びてきました。

よく周りを見渡せば、ライダーの知人も居て。免許とったら遊んで貰えるかしら?(´∀`*)

有言実行にするために、あちこちで免許取る!と宣伝し、いろいろな下準備を終えて、教習所申し込みの直前まで来ました。

 

余談

2016年お正月に帰省した時、父の後ろに乗っかってファミリーツーリングへ。

津和野から浜田方面に抜けて、「バイク神社」に行きました。いつの間にか、弟の免許は「大型二輪」になってるし…( ゚д゚)。父親のハーレーはヒーター完備だし。

そして、「大型免許取ろうと思う」って義妹伝いに家族に伝わると、父親と弟が口を揃えて「バカも休み休み言え」「いい加減にしろ」。初対面の弟の友人にも鼻で笑われました。

やっぱ義妹にも黙っておけばよかったーーーーーー!笑。

絶対無理って言われる予感はしてましたから、免許取るまで内緒にしておこうと思ったんだけど、嬉しくて口が滑って…。妹にも「中型で十分満足できるよ」と言われましたとも。いやいやでも、大型からチャレンジするんです!!

バイク神社で、「事故なくバイクに乗れるようになりますように」ってお願いしてきたから!

この記事を書いた人!

くろうさ
くろうさ
ルパン三世が大好きで、峰不二子に憧れて…憧れは憧れだけど、大学の先輩が乗ってたハーレー・ダビッドソンに一目惚れ!
「中型バイクに乗りたい」というも、母親が半泣きで止めるので断念していたバイクライフ。
しかし、気づいたら父は大型のハーレイに乗り、妹弟もみんなバイク乗り。
あれ?あれ?私置いてきぼり!?