POIデザインハニカムシートでプロテクターを自作したらバイクウエアが軽量化できた話

お久しぶりです。いやあ、もう厄介ですねコロナウィルス。
春のベストシーズンが完全に潰れてしまいましたね。楽しみにしていたツーリングやキャンプ、旅行、GWの予定もごっそり消えて、気づいたらもう梅雨明け間近でございます。

お薬やワクチンができるまでは共存するしかないので、ツーリングや立ち寄り先でも気をつけて行きましょう。今回は自粛期間中にせっせと自作したプロテクターのお話です。

POIデザインハニカムシートを購入し自前プロテクターを作成

普段プロテクターはD3Oを使っております。とても守られている感じがしておすすめのプロテクターなのですが、デメリットは重い、暑い…。夏がつらそうなのでもう少しスリムで軽いものを探しておりました。

いい感じのものがなかったので(あるけどお高い)以前から気になっていたPOIデザインのハニカムシートを使って自作してみることにしました!

結果、バイクウェアの軽量化に成功!

ずっしり重かったジャケットが軽くなりました!6㎜は軽めの衝撃には耐えられレベルの厚みなのでご自身の判断で使用してくださいね。バイクウェアに付属しているペラペラのパットよりはしっかりしています。守られるような安全性を求めるならハードプロテクタやD3Oをおすすめします。

POIデザインハニカムシートとは

6mm

4㎜ 、6㎜、10㎜の厚みが選べ、シート状になっています。
衝撃吸収素材ですが、4㎜では心細いので肩肘用に6㎜を購入しました。
胸部と背中は10㎜でもいいかもしれません。

POIデザインハニカムシートプロテクターの作り方

1 型紙をダウンロードして切りぬく

プロテクターの型紙はPOIデザインのWebサイトからダウンロードできますので助かります。型紙は切り抜いたところで、持っているウェアに入るかどうか確認しましょう。

https://www.poidesigns-jp.com/blank

2 配置してマスキングテープで固定する

3 マジックでかたどりをします

4 ハサミで切り抜いていきます


かたい…

あまりにも硬くて嫌になったので中途半端に残り2枚を切りぬくのを諦めて2日かけて完成。それぐらい辛い作業です。笑

膝とひじはいい感じ。胸部はちょっと頼りないですね…。肩にも入れたいのでもう1枚買う予定です。この切り抜き作業が待っているのかと思うとしばらくこのままでいいやという気にもなっていますが。

守られている感じはD3Oにはかなわないけれど、これからの夏の暑い季節を乗り切るにはいい感じだと思います。

すっかり引きこもりの生活です

さてわたくしは緊急事態宣言が解除されてからも完全リモートワークをしておりまして、すっかり家にいることに慣れてしまいました。ぼちぼちバイクにも乗りはじめようと思います。
ゴロゴロしてたらバイクのパンツのウエストがキツイ・・・笑

この記事を書いた人!

レレサンゴ
レレサンゴ
バイクで島やら山やら海やらいろいろ行きたいことろがあって、そこまで強い思い入れもないのに2016年普通二輪免許取得。見事にドはまりして2019年大型二輪免許へステップアップしました。キャンプ道具も揃ったし、これからバイクライフがどう変わるか楽しみです!

POIデザインハニカムシートでプロテクターを自作したらバイクウエアが軽量化できた話” に対して1件のコメントがあります。

  1. アバター kazuyanex より:

    おはようございます。

    超お久しブリーフですね!

    ほんと、早くコロナが収束してくれたら良いのにですよね~(`Д´)

    おっさんは今週新しいバイクが納車されるのに太りすぎてタンクにお腹がつかえてヤバそうなので必死にダイエット

    中です(T_T)(笑)

    1. レレサンゴ レレサンゴ より:

      かずやんさん>超お久しブリッヂでございます!

      ネタがないのもありますけど、インスタだけアップして満足してしまっておりました。

      新しいバイクの納車楽しみですねー。話題のあの子かな?と妄想しております!
      ダイエット…は明日から!

この投稿はコメントできません。