【普通二輪免許第1段階-6】モクモクモクモクと課題を練習〜

のんびり休日教習生のレレサンゴ、9日ぶりにやってきました。今回は今までと違うバイク、CB400 4号が相棒です。

クラッチの感覚とか今まで乗ってたバイクと違うから気を付けて、と言われても正直違いが判りませんでした…

一緒に習う青年と内容が違うとのことで小屋の中でざざっと説明を受けて、前回の課題を続けて練習。

3周ならしで周回をまわり、S字、スラローム、クランク、一本橋の練習です!

先に周回コースに送り出され、その後教官は青年につきっきりで指導中(でもきっと見てる)

 

 

モクモクと練習

しばらく間が空くし忘れちゃいけない!と、夜な夜なお風呂でイメトレした効果はあったかな?

スピードはないものの前回よりはちゃんとハンドルを切れるようになった予感。

でも、1回目のクランクでバランス崩してエンスト…(。-_-。)

プスン、ゴロン、ヒョイ(よける)

反対側に倒れたのと、コーンがめり込んだ状態で変な段差もあって起こせない…

見かねた教官が助けにきてくれました。お手数おかけします…。

「なんか今日はびくともしないですーーーー。泣」

こんなんで公道走っちゃだめだよなあ…(´・ω・`)ショボーン

4号さんごめんね。機嫌なおしてください〜

「3速にあげる時もっとアクセルまわしてからチェンジな」

教官は手短かにアドバイスを入れて青年のところに戻って行かれました。

その後は目線に注意しておぼつかないながらも抜けられるようになってきたかな。
 

 

問題は一本橋。あんまりゆっくり通ると「ちゅるん」と落ちてしまいます。

目線を遠くにしてにちょっと勢いをつけて乗って、惰性でぬけたら結構イケると判明。

その後何周も課題をひたすら繰り返します。

周回コースで停まってあわあわしてる青年が動くのを待っていたら、

教官が「はい、行きや」と促すんだけど…

対応できないよ!!!

 

 

「もう1周1本橋だけいってきて」

おお、やっぱり見ておられましたねー。最後に一本橋おかわりです。笑

少しコツをつかみかけたのになあ…っていうところで毎回終了になっちゃいますねー。

「クランクと一本橋はゆっくりでいいけど、S字とスラロームのスピードが遅すぎる、進入する手前で速度を作って、アクセルを軽くまわしながらフットブレーキで調節するようにしてな。遅い方が安定しなくてふらふらするから。」
 

 

最初と最後にまとめてポイントを教わった日でした。

もっと練習したいよ~。

 

 
本日の教官の去り際の一言「レレサンゴさん、次はATな」

「1(コース)な!」

 

 

余談ですが…

ATの教習では四輪コースに出て卒検のコースをまわります。

卒検のコースを今のうちに覚えておいてねという粋な計らいで、シミュレータ教習の時にあらかじめコース図をいただいていておりました。

コース1とコース2があって図は両方載っていて、説明してもらったはずなのにどっちのコースだったかわからなくなってしまった…(汗

 

 

くろうさちゃんに覚えてるか聞いてみたら「2じゃなかった?明日教習あるから先生に聞いとくわ!!!!」と。

光の速さで行動するくろうさちゃん、1コース(ヲイ!笑)であることを確認したようです。

教官「アンタまだやろ」

く「いや、あたしじゃなくてレレサンゴが…」

教官「アレもまだや」

そんなやりとりがあってからの、強調の「1な!」だったのですねえ。笑

次までに1コースを蛍光ペンでなぞって覚えます。1コース、1コース。

ウフフ。楽しみ。

 

 

この記事を書いた人!

レレサンゴ
レレサンゴ
バイクで山やら海やらいろいろ行きたいことろが出てきてしまいました。最近南の島の一人旅で原付でのんびり回るのにハマっていて、普段からもカメラ持ってトコトコツーリングできたら最高やん!って思っています。
そこまで強い思い入れもないのに普通二輪免許取得挑戦。どうなることやら…