初めての鈴鹿8耐~4耐レースと前夜祭へ~(1)

鈴鹿8時間耐久ロードレース、暑くて熱いビッグなバイクイベントでした。

行く前は、ウェブの説明が分かりにくくて四苦八苦したんですが、鈴鹿サーキットは初めての来場者のことも大・大・大歓迎してくれます笑

来場者に超寄り添ったイベントになるように、すごい工夫がされてるな~~~!と。

鈴鹿サーキット稲生駅から徒歩で20分

電車を乗り継いで最寄り駅まで到着。みんなバイクや車で来るのだろうと思っていたら、案外電車組も多かったです。暑さ対策をしっかり施した鈴鹿組だな~~~ってお仲間が、だんだんと増えてきます。

駅からは、直線で歩いてサーキットまで行けるんですが、地味にアップダウンの坂道があるので20分位ぶらぶら歩いたかな?

会場からはブンブンバイクの音が!

ちらっと横を見ると、試乗会も始まってます。わたしは今日、ここでCB1100の試乗をするんだ!そのために短パンサンダルで来たいところを、ジーパンとスニーカーで来たんだから!!!と意気込んでましたが、試乗会は大失敗しました(TдT)

CB1100試乗会

会場へ入ると、思っていたほど混雑してる様子はなく、トイレの長蛇の列もなければ、売店の列もないし、じっくり見て回れるくらいでした。

売店前の休憩ベンチは、ほぼほぼ埋まってましたけどね。

まずは試乗会へ行こう!と試乗会コーナーにまっすぐ向かっていって、300円払って受付。すぐ乗れる回があいてたので、プロテクターを付けていそいそと準備して、CBをいざ目の前に。

「すぐ乗ってエンジンかけてくれていいですから~」

って言われても、足、つかない。

真ん中に座ると両足がつま先さえつきません。

とりあえず右で支えてバイクを起こそうにも、動かない…

「無理かも…」

もたついてるわたしを見て、係員の人が来てくれて手助けしてくれて、スタンド払っても支えるのが厳しい…

「やめるなら今ですよ。安全装置も何もついてないバイクですよ」

って言われ、転倒させても保証が怖いし、というか出発できても停まれる自信がなく即リタイアしました(ノД`)シクシク

トボトボ戻っていくと、別の係員が「怖いと思ったら懸命な判断。でもこれに懲りず、試乗して頑張って」とCB1100がどんなバイクか、教えてくれました。

サンゴちゃんに話したら、

レ「死んでしまうよ。危ないから諦めて」

って言われたんですが、大丈夫、死なない。

納車したって、ホンダドリームから出ることさえできないwwww

R6やGSXなら乗れる

CB1100に破れ、とぼとぼと展示コーナーに戻っていろんなバイクにまたがって、足つきチェックしてみました。

Ninja6Rは足つくのに、GSXも足がつくのに、CB1100は幅もあるので足があがる。クルーザーがお似合いなわたくし。

ああああああああああああああ。・゚・(ノ∀`)・゚・。

歴代のレースバイクとかもたくさん展示してましたが、8耐初心者なもので見てもピンとこない爆。

そんなわけで写真もどえらいテキトー…!ぶれてるう!

 

鈴鹿サーキットの暑さ対策

コカコーラのドリンク売店、ゴミ箱が絶妙な感覚で設置されてるんですよ。

この日は空が少し曇っていて、直射日光がほとんどなく、暑いとは言えまだ天候に恵まれたほうじゃないかなと思います。

それでも汗はどんどん出るし、喋るか水飲むかでずっと水分補給をしながら歩いてたんですが、500mlのペットボトルを消費したらちょうどよくゴミ箱があり、またちょうどよく自販機や売店がある。

トイレも4段構造でペーパーを用意してくれてる!

そして、巨大扇風機に冷え冷えコーナー。

冷え冷えコーナーは、涼しい!というほどじゃなく、水蒸気でじんわり濡れるような場所なんですが、ここでぐっと3分以上待機して外に出るだけで、快適度が全然違うんです。

全身に打ち水したような感じですね。

物販エリアの近くの建物には、エアコン温度18度に設定してます!っていう小部屋があり、ここでのクールダウンもかなりいい感じでした。

 

で、レース見たのかって?

見ましたよ。見ましたよ。次の記事はレース!

この記事を書いた人!

くろうさ
くろうさ
ルパン三世が大好きで、峰不二子に憧れて…憧れは憧れだけど、大学の先輩が乗ってたハーレー・ダビッドソンに一目惚れ!
「中型バイクに乗りたい」というも、母親が半泣きで止めるので断念していたバイクライフ。
しかし、気づいたら父は大型のハーレイに乗り、妹弟もみんなバイク乗り。
あれ?あれ?私置いてきぼり!?

初めての鈴鹿8耐~4耐レースと前夜祭へ~(1)” に対して 6 件のコメントがあります

  1. tora より:

    あらら…ネイキットモデルは確かに足つき性は悪いかも^^;
    大型バイク、特にCBみたいな空冷モデルは横幅があるしシートも座布団みたいな感じですからね〜
    ローダウンとシート加工ですな(^ ^)

    スズカサーキット側も猛暑対策してるんですね、観客に倒れられると大変ですから色々対策練ってるんでしょうね。

    1. くろうさ くろうさ より:

      toraさん>

      スマホからコメントできるようになりました~~~!?

      わたし、何を血迷ったかバイクは空冷がいいなとか思ってるのです(爆
      水冷のあのパネルがあんまり好きじゃなくて。
      余計に重量感も幅もアップする~~~~~~~!

      ローダウンは7ミリ可能だそうです。
      7ミリじゃ話にならないでございまぁ~~~~す。

  2. ノリ より:

    しーびー君、試乗残念でしたね。

    工夫すれば乗れるようなカスタムもあるけどねぇ

    ここはおとなしくサンゴさんの言うこと聞いときなさい(^^)

    次回レースの観戦記楽しみにしてますよ(^O^)/

    1. くろうさ くろうさ より:

      ノリさん>

      残念過ぎました~~!
      補助輪つけたら乗れると思うんですけど…
      マフラー軽くして、シート削って、わたしの足を伸ばせば…←

  3. かずやん より:

    おはようございます。

    試乗会は残念でしたね (T_T) CB1100は重量もありますし、シートの横幅が広いから

    脚への力の入れ加減が弱くなるのかな?(後はスクワットで鍛えると少し楽に(笑))

    因みに、うちの奥さんは身長153cmでGSX-S1000Fにのってます。乗りたいバイクがあると

    気持ちが勝つ事もあるかもです!

    1. くろうさ くろうさ より:

      かずやんさん>

      奥さんすごE!!!
      コツがあるんですかねぇ。
      自分のバイクとして納車すれば、こかしながら練習できるし、それで慣らそうかなと思ってます。

      イントルーダーの感覚に慣れてて、バランスが取りにくいのもあるかもしれません。
      スクワットで鍛えます。
      超鍛えます!

この投稿はコメントできません。