ヤマビルの滝と酷道、雨に打たれた濃い一日

すこし暑さが和らいだ8月後半、古時計さんへハンバーグ食べに行こうかということで行ってみたら

ちーん

プランBのスオミさんでピザをいただいてからマニアックな滝を目指します。

ヤマビル注意!浄丸神社

いい感じの田舎の集落を抜けて獣用の柵を超えて、真ん中に苔…落石…落ち葉に枝…オフ車で行くことをお勧めします。これ一歩間違ったらこけるな…

滝つぼに飛び込む地元の若者たちに遭遇。いいものを見せてもらいました。慣れてないと骨折する人もいるみたいで、一般人はマネしないほうがよさそう。「苔で滑ってバイクでこける人多いので気を付けて」と。

バイクに戻って、不意に嫌な予感がしてS先生の首を確認したらやっぱりいた!!! 私の大嫌いな生き物

ヤマビル!!!(( ;゚Д゚))ギャー

ヤマビルは陸に棲むヒルで、吸血性のヒル類としては日本本土では唯一の陸生ヒルである。日本以外では複数の種がある場合もある。なお、より厳密を求めてニホンヤマビルとの和名も提唱されているが、普通はヤマビルと呼ばれることが多く、この項でも以降はそう記す。 山奥の森林に生息するもので、特に湿潤な場所に多いというのが一つの定見であり、深い森と結びつけて恐怖をもって語られたこともある。たとえば『高野聖』には「恐ろしい山蛭」が木の上から落ちてくるシーンが描かれている。しかし平成年代頃より人里での出現、その生息地の拡大が言われるようになった。
気づかれないうちに血を吸われ、その傷口が吸血性昆虫のそれより大きいこと、本体がぬめぬめしたのであることなど嫌悪感が強い。「人間が最も不快と感じる動物のひとつ」との声もある[1]。しかしそれ以上の被害、たとえば寄生虫病原体の伝搬などは知られていない。
湿度の高い環境で活発になる[2]。乾燥に弱い[3]

https://ja.wikipedia.org/wiki/ヤマビル

梅雨時期やジメジメしたところに山登りすると遭遇することがあるのですが、二酸化炭素や、体温に反応して上から降ってきたり地面から這い上がってくる恐ろしい生き物です。(はらっても全然取れないし、超絶気持ち悪い)

ヤマビルくっついてても冷静なS先生「無理に取ったら血だらけになるから」と塩で撃退するまでくっつけたままにするそうで(( ;゚Д゚))
後から調べると、虫よけスプレーの成分ディートも効果があるとか。スプレー持ってたのに悔しい。蚊に刺されやすいので多めにシュッシュしてたので私は無事だったんだな。

 

「酷道」「廃墟」「絶景」というパワーワード

昔ST乗りというVストローム乗りのタンデム親子さんが神社の先の道から降りてこられたので、先に何があるか聞いてみたら電波塔があって廃墟好きにはたまらない場所があるとかなんとか。今回はかなり道が荒れてるから引き返してきたようです。そういえばチャリダーさんも車もあがっていってたな。

ちらっとS先生を見たら「酷道」「廃墟」「絶景」というパワーワードを聞いて目が輝いておられるじゃないですかwVストロームさんに「そのバイクじゃ無理ですよ」 って言われたのに…


「ちょっと行ってみようか」
とてもヤマビルをくっつけてる人とは思えない発言w

苔、枝、落石、一応舗装されてるけど割れていたりガタガタのヤバイ酷道でした。 タイヤに枝を巻き込んでガコッてなったり(苦笑)先日行ったフラットダートよりはましと思った私もどうかしているけれど。

ドコモの管理道路に入る広場で車両乗り入れ禁止になっていたので先が気になるけど引き返すことにしました。
チャリダーさんたちは柵を超えて消えていきました。

↑礼儀正しいライダーwithヤマビル

コンビ二に到着し、塩でヤマビルを撃退しようとしたらどっかいってた…。どこいったんや!!!


GSさん&ゲリラ豪雨に遭遇

いろいろあって疲れたので高速に乗って戻ります。途中雲行きが怪しくゲリラ豪雨の雨雲を見つけたので西紀SAで避難&作戦会議をすることに。雨雲の間を狙って合羽を着て出発ようとしたところに見たことのあるR1200GSが到着。ツーリング中のGSさんに遭遇したのでした。
ST乗りのchaさんに証拠写真を送るために撮影して軽くお話して出発。まあまあ雨に降られたけど大丈夫だったかな

結局ずぶぬれになる

雨雲読みと合羽のおかげでずぶぬれは回避できました。 用事があるS先生と流れ解散してマクフリさんへ。 頑張って戻ってきたら神戸市内は雨が降った様子もなく、テンチョーに「なんでカッパ?」とニヤニヤされて、本日の盛りだくさんなネタをへたくそな説明でお話していると、また雨が降ってきた…

カッパの上だけ着て逃げ帰ったのだけど 、すぐにドシャーーっと降り出してブーツの中やパンツにまで浸水してもう笑うしかなかったw リアタイヤが左右にチュルチュル滑るのでこわごわ運転。200kmぐらいのなんてことのないツーリングのはずが、いろいろあって濃いツーリングになりました。

この記事を書いた人!

レレサンゴ
レレサンゴ
バイクで島やら山やら海やらいろいろ行きたいことろがあって、そこまで強い思い入れもないのに2016年普通二輪免許取得。見事にドはまりして2019年大型二輪免許へステップアップしました。キャンプ道具も揃ったし、これからバイクライフがどう変わるか楽しみです!

ヤマビルの滝と酷道、雨に打たれた濃い一日” に対して1件のコメントがあります。

  1. アバター tora より:

    ヒル・・・・ダメっす😨😨😨

    1. レレサンゴ レレサンゴ より:

      toraさん>ヒルダメ、絶対…(>_<)

この投稿はコメントできません。