Ducati Scrambler Classic バイクで九州初上陸!阿蘇ツーリング DAY1-さんふらわあに乗ろう

10月の連休を利用してNinja250乗りのMさんと阿蘇ツーリングにいってきました!フェリー2泊、現地1泊の3泊4日の旅。3日目、4日目は雨予報だったのでカッパ走行を覚悟して。1日目は夜にフェリーに乗るだけなのですが神戸港から乗る人のために少し詳しく書いておきます。

旅の1日目行程(フェリーで移動するだけ)

1日目:19:50 神戸港発ー翌朝 7:20大分港着

https://www.ferry-sunflower.co.jp/route/kobe-oita/time/

さんふらわあ公式 webサイト https://www.ferry-sunflower.co.jp/

仕事を半日で終えて、余裕をもって準備する予定がずるずるとメール対応してたらいい時間になってしまった。

雨がスッキリやむのが17時ごろだったのでよしとします。旅用のサイドバッグを装着たりする準備もあったので、半休とっておいてよかった。

今回は雨に降られるので革のパーツがある純正サイドバッグではなくGIVIのサイドバッグを装着!

3代目太陽の塔も一緒に旅します

出港90分前に神戸港へ

18時30頃、六甲アイランドの神戸港に到着。入口で係の人に誘導されて待機列にバイクをとめる。(エンジン止めないと何を言ってるか全然聞き取れない)Mさんはまだ到着してないみたい。チケット係のおじさんが回ってきて無言でぬっと手を差し出された。

レ「???あ、チケット?」

おじ「チケットまだ?先にチェックインしてきて」

レ「はーい(せっかちやなw)」

ほどなくしてMさんも到着。事前にネットで予約と支払いは済ませていますが、チケットカウンターで注意事項の確認署名とバイクの排気量の確認をされ(車検証はみせなくてOKだった)乗船券と行き先の札をもらいました。

50周年ステッカーをもらったのだけど使い道はない。

バイクに戻りおじさんにチケットを見せて半券を受け取り乗船を待ちます。

雨は考慮されていない行き先札
雨上がりに続々と集まるバイク達

連休とあってバイク多い!この船に乗る前のワクワク感。旅の始まりを感じて好きです。

ローギアに入れてハンドルロックなしで停める

さふらわあ ツーリスト レディースルーム

この日の寝床はツーリスト レディースルーム。いわゆる大部屋雑魚寝ルームです。
少しグレードあげようか迷ったけど、どこの部屋でもどうせ眠れないしいいかなと思って…。笑
場所は予約時に決まっているので場所取りで焦らなくていよいです。半券にルームナンバーと番号が記載されています。

三つ折りマットと枕、シーツ2枚、掛け布団。枕元にコンセントはないので部屋に2箇所あるコンセントは争奪戦。みんなでシェアできる電源タップをもってき出る人がいると借りられたりします。そうじゃなければモバイルバッテリーは必須です。

荷物を下ろし、早速リラックスウェアに着替えてお風呂とごはん。バイクのブーツでウロウロするのはしんどいのでサンダルや使い捨てのスリッパとかがあれば快適に過ごせます。(使い捨てスリッパは売店でも売っていました)

さんふらわあのお風呂事情

大浴場にはシャンプー・トリートメント・ボディソープあり。ドライヤーは洗面台に3箇所、脱衣所に100円返還式のコインロッカーがありました。タオルは売店でも売っていました。お高めの部屋には浴衣とかスリッパタオルがついているみたいです。

大浴場とは別に船室のお手洗いの中にシャワールームもあり。ここにもドライヤーがありました。

お風呂上がりにデッキに出てみた。まだ出港してない

さんふらわあのレストラン

神戸港から出るさんふらわあ(ごーるど か ぱーる)の売店にはカップ麺とかおつまみしか売っていなくて、まともな食事はレストランしか選択肢がありません。しかもバイキングのみ。1500円で和洋折衷だからコスパはいいとは思いますが、結構混雑していました。わかっていたら何か持ち込んだのにな。

取りすぎた

ツーリストの寝床は先にセットすべし

バイキングで満腹になり、ロビーで晩酌して話し込んでたらいい時間に。そろそろ寝ようと部屋に戻ると真っ暗!

売店の営業時間が終わる頃には眠る人も多く、部屋に戻ると消灯されていました(汗

ここで電気つけることはできないし、人を踏まないように移動して暗闇で寝床セッティング。バリバリガサゴソするので気を遣いました。

乗船したら先にオフトゥンはセットしましょう。覚えた!笑

案の定眠れなかった…

最初から眠れるとは思っていないからいいの

案の定、入眠下手のため眠れませんでした・・・。
朝方ちょっと意識が飛んだ頃に、お隣の学生風の女子がガサゴソボリボリ。

・・・・ボリボリ?

後からチラッと見たら早朝からポテロングを食べてたw
胸やけしないのかね・・・

フェリーであったら良いもの(繊細さん仕様)

  • 酔い止め
  • 室内用のはきもの
  • パジャマ兼用部屋着
  • モバイルバッテリーか電源タップ
  • 耳栓
  • アイマスク
  • 乾燥対策グッズ

次回からいよいよ九州上陸編です!

この記事を書いた人!

レレサンゴ
バイクで島やら山やら海やらいろいろ行きたいことろがあって、そこまで強い思い入れもないのに2016年普通二輪免許取得。見事にドはまりして2019年大型二輪免許へステップアップしました。キャンプ道具も揃ったし、これからバイクライフがどう変わるか楽しみです!

Ducati Scrambler Classic バイクで九州初上陸!阿蘇ツーリング DAY1-さんふらわあに乗ろう” に対して2件のコメントがあります。

  1. tora より:

    わわわ👀
    九州遠征してたんですね👍
    船旅ってワクワクしますよね😆

    1. レレサンゴ より:

      toraさん>やっと九州遠征が叶いました!船旅ワクワクしますね。
      船酔いするので外海通る船には怖くて乗れないのが残念です。

コメントする(`・ω・´)